User Tools

Site Tools


finger_cap_指キャップ

Finger Cap 指キャップ

HACKberry sometimes has difficulty pinching objects because of its lack of friction.
Silicone rubber finger cap will be helpful in such situation.

3Dプリントで出力したままの指は摩擦がないので、
ものをうまく掴めない事があります。
シリコンゴム製のキャップをはめることで、
格段に使いやすくなります。

Making 3D data 3Dデータの作成

Make the cast data by offsetting the data of finger tip.
The picture shows an example.
The surface was created by 2mm offsetting original surface using Meshmixer.
If you want to try, please download the data from the following link.

指のデータをオフセットして型用のデータを作ります。
以下は一例ですが、Meshmixerを使って外観面を2mmオフセットして作りました。
試す場合は以下のURLからダウンロードして下さい。
https://drive.google.com/folderview?id=0B_O4N8Ng5KyZYU1XLS1rY25rc0E&usp=sharing

3D print 3Dプリント

Print the data like the picture.

データを以下のように出力して下さい。

Application of releasing agent 離型剤の塗布

Apply releasing agent so that the silicon rubber will be ejected easily.
In this case, I use floor wax as releasing agent.

シリコンゴムを剥がれやすくするために
型にまんべんなく離型剤を塗ります。
ここでは床用のワックスを使用しました。

Pouring silicon rubber シリコンゴムの流し込み

Add curing agent to silicon rubber and mix them.
Then, pour them to the cast.

シリコンゴムに硬化剤を入れて混ぜ、型に注いで下さい。

Removing bubbles 1 気泡の除去1

Break bubbles using air blow gun or something.

エアブロー等を使って気泡を壊して下さい。

Assemgling the molds 型の組み付け

Assemble the molds.
Remove overflowed silicon rubber before it gets stiff.

型を組み合わせて下さい
溢れたシリコンゴムがはみ出すので、固まる前に拭いて下さい。

Fixing the molds 型の固定

Fix the molds using clamp or tape.

テープやクランプを使って型を固定して下さい。

Removing bubbles 2 気泡の除去2

Remove bubbles using the tool such as vacuum pump.

真空ポンプ等を使って気泡を除去して下さい。

Curing 硬化

Let the rubber rest until it gets stiff.
Curing time is depend on the material you use.
ゴムが硬化するまで放置して下さい。
硬化時間は使用するゴムによって決まります。

Ejecting・Attaching

Open the cast and eject the silicon rubber.
Attach the cover to HACKberry.
型を外してシリコンゴムを取り出し、HACKberryに装着して下さい。

finger_cap_指キャップ.txt · Last modified: 2016/07/15 00:04 by 106.161.99.144